News Release

ニュースリリース

【アジア人初出場】海洋冒険家・白石康次郎が世界一過酷なヨットレースVendéeglobe正式出場決定!

お知らせ

http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000019638.html

たった一人で、大型ヨットを操り、約80日間かけて世界を一周する。どこの港にも寄らず、補給もしない。

完走できる船は約半数――そんな世界一過酷なヨットレース『Vendéeglobe』に海洋冒険家・白石康次郎選手が最終予選となる大西洋横断レースを7位で完走し、アジア人として初めての出場を決めました。

【最終予選となった大西洋横断レース概要】

レース名:Transat NEW YORK-Vendée(トランサット ニューヨーク‐ヴァンデ)

距離:約3100マイル(約5,000キロ)

白石選手のレースタイム:12日1時間21分40秒

順 位:7位/14艇中(内1艇リタイヤ)

“Vendéeglobe” の最終予選として位置づけられている大西洋を西から東へと横断するシングルハンド(一人乗り)のヨットレースです。

ルールは、単独・無補給・ノンストップで米・ニューヨークをスタートし、仏・レサーブル=ドロンヌを目指します。

本レースのタイムリミットは6月11日。白石は14艇中7位でタイムリミットまでにゴールし、Vendéeglobe の出場権を獲得しました。

【支援募集中】 出場艇のメンテナンスに多くの資金が必要です。まだ不足している資金を賄うために、クラウドファンディングをA-port(https://a-port.asahi.com/projects/vendeeglobe)を通し、支援を募ります。このプロジェクトで集まった支援金は、動力源になる帆(セイル)の購入費などへ充てる予定です。

pagetop